ポーカー大会 JOPT と JPF を徹底比較!

2022年のGWと言えば、関東では大きなポーカートーナメントが2つ開催されていました。JOPTJPFです。日本の大きなポーカートーナメントは複数あるので、同時期に開催されたこれらの大会について、比較してみました。

 

JOPT

この記事のご覧方でJOPTを知らない人は、そういないと思います。JOPT(Japan Open Poker Tour)は、日本最大級のポーカートーナメント大会です。今回のGWは、2022年4月28日から5月5日までの合計8日間という過去最長のイベントでした。なんと、10,000人以上ものプレイヤーが参加したそうです。大会総プライズは$631,800と規模が凄いですね。

こちらはJOPTのハイライト動画です。2分くらいの動画で、会場の名シーンや有名プレイヤーも映っているので是非見てください!特にメインイベントのラストハンドが終わった後、プレイヤー同士が称え合うシーンは、ぐっときます!

 

ここでは、今回のJOPTで初となる試みをピックアップします。

リングゲーム

今回はなんと、トーナメントゲーム以外にもリングゲームが開催されたようです。トーナメントで飛んでしまった人も、リングゲームに移ることができるし、非常に好評だったようです。

別記事にて、このリングゲームを分析しましたので、こちらの記事も是非ご覧ください。

JOPTのThe ringについて考えたみた!海外カジノの練習に良さそう!

皆さんは、以下のツイートをご存知でしょうか。 JOPTの会場でなんとリングゲームが開催されるそうです。これまで、JOPTと言えばトーナメントでした。(日本では、リアルなリングゲームは難しいですもんね) …

続きを見る

 

NLH Knockout Legends

サイドトーナメントであるNLH Knockout Legendsでは、過去に大きな大会で優勝したことがあるプレイヤーを呼んでのトーナメントだったようです。このレジェンドを飛ばすとバウンティ賞金がもらえるトーナメントでした。猛者たちとプレーできる貴重なトーナメントですね。253人の参加者の頂点に輝いたのは、KUSUMOTO Ryoji氏で$2,560のプライズを獲得されたようです!おめでとうございます。

出展:JOPT

 

NLH Generation

こちらのサイドトーナメントは、29歳以下30歳以上の2つのグループに分かれての世代対決でした。Day1では、29歳以下と30以上の参加者でそれぞれトーナメントを開催し、2つの世代でそれぞれ上位4名までを決めました。Day2では、上位4名ずつ、合計8名が各世代の代表としてファイナルテーブルに進むというトーナメントでした。Da1は自分に近い世代の人とプレーできるので、相手プレイヤーに親近感がわきそうですね。このサイドトーナメントにもたくさんの有名プレイヤーが参加されたそうです。

 

NLH Mystery Bounty

ミステリーバウンティというトーナメントも開催されたそうです。通常のバウンティトーナメントは予めバウンティチップの価値が決められていますが、このトーナメントはバウンティチップ1枚で1回抽選を引けるそうです。抽選の結果によってバウンティ額が変わるというもの。これは、ポーカー以外のところでも、運が試されますね。1位はなんと、GG $3,000だったそうです。

1等 $3,000 1枚
2等 $1,200 3枚
3等 $300 6枚
4等 $100 10枚
5等 $30 80枚
6等 $10 残り

 

NLH Twice Turbo

このサイドイベントでは、「エントリー時」と「FT進出時」に1人1枚Twiceカードがもらえるそうです。All-Inになったときに、Twiceカードを使用するかが選択でき、カードを使用するとRun It Twice(コミュニティカードを2回引く)ができるようです。Run It Twiceと言えば、リングゲームで行うものですが、トーナメントでできるのは面白いですね。ポーカーの醍醐味と言えば、All-Inですよね。そこで、「2回やろうぜ!」と言って、Run It Twiceをすると興奮も2倍ですね。

 

JPF

お次は、同じGWに開催されていたJPF(JAPAN POKER FESTIVAL)です。こちらは、2022年4月28日から5月1日までの合計4日間で開催されたそうです。JPFは、2021年から開催されたトーナメント大会で2022年のGWの開催が2回目でした。

こちらは、告知動画です。日本と台湾の共同で開催されているそうです。

 

ここでは、今回のJPFのポイントを紹介します。

サイドイベントごとにスポンサーが異なる

JPFのサイドトーナメントでは、スポンサーが異なっているところが面白いと感じました。聞いたことがあるスポンサー名が数多くあって、面白そうでした。アミューズメントカジノもスポンサーに入っていたみたいです。

出展:JPF

 

男女最強決定戦! !

男女最強決定戦があったそうです。最初は、男女がペアになるとか、男性部門と女性部門で進めて、FTで男女半々でプレーするのかとか、予想したのですが、なんと違うようです。普通に男女誰でも参加できる大会だったそうです。

というのも、スポンサーが”WGPOKER”だったんですね。“WGPOKER”と言えば、最強女子決定戦で有名ですね。今回は、男女を対象にしたトーナメントを開催していたようです。こちらが、男女最強決定戦のFTメンバーだったそうです。男性が多いですね。

出展:JPF

 

 

JOPT vs JPF

ここからは、2つの大会を色々と比較してみました。

比較項目 JOPT JPF
メインイベント 参加人数 1,276 1,196
メインイベント 1位プライズ $39,470 $16,000
メインイベント 総プライズ $131,400 $74,500
サイドイベント数 50 15
リングゲーム有無 ×
メインイベント解説有無

比較して気付いたのですが、メインイベントの参加人数が同じくらいなんですが、プライズが全然違いますね。どちらの大会もサテライトを勝ち抜いた人がメインイベントに参加します。サテライトの金額がアミューズメントカジノによって異なるので、エントリー費を計算していません。ただ、メインに出るとなったら、JOPTで成績を残した方が得られるプライズは大きいですね。この結果にはちょっと驚きました。

そして、サイドイベントの数をとっても、JOPTはやはり大きいですね。日本最大のポーカートーナメントと言ってよいでしょう。

 

まとめ

今回は、2022年のGWに開催された2つのトーナメント大会を比較しました。どちらの大会も非常に盛り上がっており、楽しそうですね。各大会ごとに、それぞれ特徴があり、甲乙はつけがたいですね。ただ、JOPTのプライズの大きさには驚きました。いつか私もメインで優勝したい!

Author: wpadmin

Leave a Reply

Your email address will not be published.