Tag: 木原直哉の語るポーカーの勉強方法とは

木原直哉の語るポーカーの勉強方法とは!

今回は進化が早いポーカーという世界で、プロポーカープレイヤーとして活躍し続けている木原直哉さんに、ポーカーで強くなるにはどのような勉強をすれば良いかについて教えてもらいました。 【木原直哉】北海道名寄市出身。東京大学卒。東京大学在学中には将棋部に所属しつつ、バックギャモンのプレーヤーとしても活動。その後プロポーカープレイヤーとなり、2012年のWSOPでPLOで日本人初の優勝を果たす。 木原さんがポーカーを始めた当時は、どのように勉強されていましたか? プレイしてハンドを見直すぐらいですかね。あとは仲間内で議論するしかないです。その繰り返しですね。あとは目新しいプレイを強いプレイヤーがやっているのを見つけた際に、その意図を考えたら大体分かるじゃないですか。 結局のところ、ポーカーは単純でハイリスクハイリターンかローリスクローリターンかどっちかなんです。 強いと分かっているプレーヤーが何か普通ではないプレイをしたらその理由を考えます。 普通ではないプレイにデメリットがあるのは明らかですが、強いプレイヤーがそれをするのは、デメリットを上回るメリットがあるからなんですね。そのメリットは何なのか、それを考えていくと大体わかります。 こういうことを考えてそのプレイヤーは選んでいるんだなと、それが新しい戦略の考え方なんだなというのはプレイしていれば分かるので、それを面白そうと思ったらやってみますし、いやさすがにダメでしょと思ったらやらなかったり、でも一応やってみることもあります。 それでこれは良い戦略かもと思った場合は、自分なりの引き出しに加える感じですかね。 目新しいプレイを見つけるのに当時良い方法とかありましたか? https://www.youtube.com/watch?v=1W7934Xf3-c 自分が一番勉強法として活用したのは、PokerStarsのWCOOPとSCOOPのリプレイです。全員のハンドを公開したうえでのリプレイなのですが、トーナメントのファイナルテーブルだからみんなガチなんですよ。 勿論、ICM要素が関わってくるからそれを差っ引いて考えないといけないけれど、本当のトッププレイヤーのハンドが全部見えた状態でどのようにプレイするかが完全に分かるんです。これは自分の中で良い勉強ツールでしたね。解説はないですけれど、どういう意図でプレイしているのかはある程度はやっていると分かるようになってくるので、それは勉強になりました。 今からポーカーを始める人は、どういった勉強法をすれば上手くなれますか? どこを目指してポーカーをプレイするのかによります。 PokerStarsの10NLで勝ち越せるプレイヤーは、初心者からしたらかなり強いプレイヤーになるじゃないですか。そこを目指しているのか。それとも世界のトッププレイヤーみたいな人を想像しているのかによって変わるので、一言で答えるのはかなり難しいです。 テーブルで一番強いプレイヤーになるには アミューズメントカジノのテーブルで一番強いプレイヤーになりたいという意味では、プレイを沢山行ってしっかり反省することですね。 今はGTOWizardやPokerSnowieなどで解析結果が沢山出てくるのでそれで反省しても良いですし、気になったスポットをPioSolverでピコピコやるのが良いと思います。ただ、基本的にはそういうことをできる時点で結構上手ですけどね。 PokerStarsの10NLくらいを勝ち越すには…