Tag: 15年間プロとして活躍木原直哉がこれまでのプロ生活を語る

15年間プロとして活躍!木原直哉がこれまでのプロ生活を語る

【木原直哉】北海道名寄市生まれ。東京大学卒。東京大学在学中には将棋部に所属しつつ、バックギャモンのプレーヤーとしても活動。その後プロポーカープレイヤーとなり、2012年のWSOPでPLOで日本人初の優勝を果たす。 15年に渡ってプロポーカープレイヤーとして活躍している木原直哉さんに、これまでのプロポーカープレイヤーとしての生活を根掘り葉掘り聞いてきました。 プロポーカープレイヤーという珍しい職業の実態を知りたい方はぜひご覧下さい! ポーカーとはいつ出会ったのですか? 2007年ぐらいに以前からバックギャモンで知り合いだったZakiさんからオンラインポーカーを打っているのを後ろから見させて頂いたのがきっかけです。当時はルールも知らない状態でそこからポーカーを教わりました。 プロとして活躍できると確信したのはいつですか? ライブカジノは、2008年にバックギャモンの大会でモナコとカンヌを回った際、カンヌで€5/€5のテーブルでプレイしたのが最初です。 カンヌでは€5/€5が一番下のレートなのですが、当時学生だった自分にとっては高かったため、友達に半分ステーキングしてもらいました。そこで1週間毎日プレイして€3,000ぐらい勝ちましたね。 これくらいの時期からバックギャモンよりポーカーをメインでプレイしていくようになりました。ポーカーを覚えて1年の初心者でしたが、確実に利益が出ると分かりましたね。 これまでのプロ生活で一番精神的に参ったことは? 2011年5月ですね。当時、$1/$2を打っていて$6,000ぐらい下振れたんですよ。履歴をチェックしたら、AK対QQ、QQ対AKで合計20勝40敗くらいで。 それが結構きつかったです。しかもzoomではなく普通にリング6面なので、ハンド数も3万ハンドいかないにも関わらず、$6,000下振れていたんです。 大学卒業した直後でポーカーしかやっていない時期に下振れてしまい、就職もしないでポーカーしかしないのになんでお金減っているの?となりましたね。 その$6,000によってプレイ出来なくなるわけではないのに精神的に参りましたね。もっと高いレートでやっていたらもっとボコボコだったかもしれないです。 なぜホールデムからミックスゲームに転向? 2011年にブラックフライデーが起こったことでオンラインプレイヤーがライブに流れ、当時私が打っていた$5/$10のホールデムは鬼のようなレベルの上がり方をしたんですね。 ※ブラックフライデーとは、アメリカで大手オンラインサイト3つが起訴され、そのうち2つのPokerStarsとFull Tilt Pokerがアメリカ国内でプレイ出来なくなった事件 でも奥の方でやっているミックスゲームを見てみると、平均年齢60歳ぐらいでテーブル囲んでいるんですよ。…