Tag: Zakiさんに聞くポーカープロになるのに必要な素質とは

Master Zakiさんに聞くポーカープロになるのに必要な素質とは

【野崎 真吾(Master Zaki)】マカオを中心に長年ポーカープロとして活躍。現在はじゃんけんポーカー岐阜店ディレクターの他、3MPCアドバイザーも務める。 プロポーカープレイヤーインタビュー第6弾。今回登場するのはMaster Zakiこと野崎 真吾さんです。 ポーカーアカデミー編集部は、じゃんけんポーカー岐阜店にお邪魔し、ポーカーとの出会いやポーカープロに必要な素質についてお聞きしました。 ポーカーとの出会いを教えてください? 元々バックギャモンというゲームをやっていて、バックギャモンのトッププレイヤーがどんどんポーカーに転向しているという話を聞いていたんですね。 そんな中、バックギャモンの望月というプロが「君はポーカーに向いてると思うし、バックギャモンのプレイヤーがどんどんポーカーに行ってるから、ポーカーやった方がいいんじゃないか?」と勧めてくれたんですよ。 その時にはルールもわからなかったんですけど、ポーカープロになろうとやる前に決めて、始めることにしましたね。それが26歳くらいの時です。 私が始めた頃はすでにオンラインポーカーサイトはすごく賑わっていて、当時最大手はPartyPokerで、大小合わせたら100以上ポーカーサイトがあるような時代でした。オンラインポーカーってサインアップボーナスが大抵あるので、まずはいろいろなサイトでアカウント作って回るっていうのが、最初やったことですね。 アメリカでオンラインポーカーが違法になった後、多くのオンラインポーカーサイトはアメリカから撤退したんですけど、それでも営業を続けていたFulltiltとPokerStarsが2台巨頭になったんですね。アメリカはやっぱり一番大きい市場だったので、そこで勢力図が入れ替わったんです。 ーーポーカーで勝てる確信を持ったのはいつですか? 根拠のない自信はポーカーを始める前からありました。 バックギャモンのバックグラウンドがあったのもありますし、新しいゲームを取り組むというのは比較的得意なので、そこそこのレベルまではいけるだろうなとは思っていました。 ただ、その時は若かったですからね。今思うと何考えてんだと思いますけど、なんとなくできるんじゃないかなという自信はありましたね。あとは信頼している友人がお前は適性あると言ってくれていたので、それは後押しにはなっていました。 ポーカープロをこれからも続けていきたいと思いますか? プレイヤーとしては、今のところはずっと続けていくんじゃないかと思っています。 以前、「生まれ変わってもポーカープロをやりますか?」という質問をされたことがあるんです。…